サンディエゴで styrofoam 禁止へ!

何年も検討されていた模様で、かつ 2019 年には可決されていたのに法的処理に時間がかかっていたという、使い捨て styrofoam 完全禁止! このまま進めば 2023 年 4 月 1 日から禁止となり、小規模事業者には 12 か月の猶予が与えられたあと、禁止となるようです。

styrofoam は「発砲スチレン」とか訳されるようですが、つまりはテイクアウトなどに使われる発泡スチロールのことなのでしょう。分解されにくいのでいつまでも海を汚す、というのが大きな理由のようです。

食品用、キッチン用、海遊び用、そしてクーラー(冷蔵)用も含まれるとされています。

一部の中華レストランでは紙箱に針金の取っ手がついたようなボックスを使っていたと思いますが、パンダ・エクスプレスみたいなところの入れ物が 1 回利用のスタイロフォームに該当すると思います。どうするのでしょうか??

スープみたいな液体ものだと、特に困ることになるような。

ちょっとパンダ・エクスプレスのホームページを見たところ、だいぶ紙になっているのか、あるいはコンビニ弁当のプラ容器になっている感じもします。

読み切れていませんが、2019 年の議事録のようなものが公開されています。

ものすごい決断ですね。

International Education Week 2022

2022 年 11 月 14 日から 18 日は、International Education Week、国際教育週間だそうです。アメリカ大使館からのリリースは、ここにあります(日本語)。

Twitter でのリリースによる説明では、2020 年、2021 年と減少していたアメリカ学生ビザの発給数が、2022 年は 22,000 件とコロナ前の 2019 年レベルに近付いているようです。

そして今、申請は郵送で行え、面接が不要になっているらしいのです。ソースは Twitter の「アメリカ大使館ビザ課」、「@USVisaTokyo」で、2022 年 11 月 14 日の動画付きツイートですので、必要な方は参照すると良さそうです。

個人的にはすぐには関係ありませんが、なんとなく円安も止まってきている雰囲気ですから、チャンスがないとは言えないのかもしれません! もちろんそれ以前に、能力や行動力が必要ですが!!

ちなみに学生以外のビザも、面接なしに郵送で更新できる可能性があるとか、調べると便利な手段が提供されているようですが、期限もあるようですから、必要なら早めの調査が必要です。

カリフォルニア冬時間開始

冬時間と言っても、本来は「標準時間」ですね。夏時間、つまり Daylight Savings Time が終了し、もはや短い標準時間が始まります。いろいろ面倒なことがあるようですから、以前に「アメリカ夏時間廃止へ?」に書いた通り、もうこれは歴史的イベントになる可能性もでてきています!

2022 年の今年は 11 月 6 日(日)の午前 2 時に夏時間が終了し、2023 年 の 3 月 12 日(日)の午前 2 時からまた夏時間ということですから、冬時間は 4 か月程度しかありません。

ハワイとアリゾナ以外はすべて夏冬の切り替えがあるようですが、今回が最後になる可能性があるようです!

個人的には、かつてこの切り替えを体験して「面白い」と思っただけですが、在住すると面倒で大変なことでしょうから、なくなる方向で仕方ないのでしょうね。健康にも悪い、というのも、きっとその通りでしょう。

直接これには関係ありませんが、「うるう秒」もなくなる方向のようです。コンピューターシステムに影響があるためらしいので、それを考えたら夏冬時間の切り替えも大変です。

カリフォルニアとアリゾナで時差がある、っていうのも気を付けないといけません。PST は UTC-8、PDT は UTC-7、アリゾナは(一部を除き) UTC-7 なので、冬の期間だけ時差があるんですね。PST か PDT か、どちらで固定されるのかはわかりませんが、わかりやすくはなりそうです。

カリフォルニアは COVID-19 緊急事態終了へ

カリフォルニア州は来年 2023 年 2 月 28 日で COVID-19 緊急事態を終了する模様!

過去の例から秋冬には感染者急増になるようですからデータを見つつ、らしいですが、カリフォルニアは大きな州の中でも死亡率が一番低いということで(テキサスやフロリダよりもだいぶ低いようです)自信を持てたのでしょう。

でもまだ感染終息なわけじゃないので気を付けてね、ということみたいです。

ワクチン供給や検査体制もできているようですから日本とは多少違う面がある気もしますが、いよいよ全体再開に本格スタート、ということでしょうか。

これで 32 年ぶりの円安が改善されたら、また遊びに行けそうですね。

米スタバ、環境対策を復活

米スターバックスでは、客のマグカップ受け入れを再開するか、したようです。洗浄したマグカップを持っていけば、そこに入れてもらえるようです。

そもそも以前より、テイクアウト率は 80% もあったようですから、脱プラ、省資源に積極的なスターバックスには合っています。「直営店」のみが、とりあえずは対象となっているようで、10 セントの割引が適用されるらしいです。

このとき、接触機会を減らすため、ひとまわり大きなカップにカップを入れて、外側を持って用意してくれるようです。安全性を高めるにはいいですが、水不足になりがちなカリフォルニアだと、そのカップを洗うのが無駄になりそうですね。そのカップをそのまま再利用、は、お客がさわらないなら問題ないかも知れませんが。

そのほか、再利用可能な容器に入れてもらい、後日店舗(別店舗も可)に返却すれば、洗浄されて再利用される、というような話も聞きました。

まあ、旅行で訪れるだけなら洗ったマグを持参したり、リユース可能なカップを選択するのは難しいですが。

マクドナルドのポイントプログラム

米マクドナルドがポイントプログラムを開始するようです。ざっと読んだ限り、なんだかよさそうな感じですので、忘れないよう書いています。

My McDonald’s Rewards という名前で、2021 年 7 月 8 日から開始されるようです。アプリで会員登録して、モバイルオーダー&ペイで支払うと、$1 につき 100 ポイント貯まるようです。ポイント率がやけにインフレ的に思えますが・・・。

モバイルでなくても、注文前に QR コードをスキャンさせれば、それでもいいようです。

宅配による注文は、除外だそうです。

リワードオプションは 4 種類、1,500 ポイントの Tier 1、3,000 ポイントの Tier 2、4,500 ポイントの Tier 3、そして 6,000 ポイントの Tier 4 だそうです。$15 相当の Tier 1 は、ハッシュブラウン、バニラソフト、チーズバーガー、マックチキン(バーガー)から選べるようですから、ハードルは低く思えます。現地価格は知りませんが、$1 強ぐらいでしょうか。10 % 還元には届きませんが、リワードが近いように思います。

$60 相当の Tier 4 だと、ビッグマック、チーズ・クウォーターパウンダー(バーガー)、ハッピーセット、ベーコン・エッグ・チーズビスケット(バーガー系の朝メニュー?)だそうですが、昔の記憶からすれば、Tier 1 の 4 倍はないような。Tier 3 のポテト L に Tier 1 のチーズバーガーで同じ 6,000 ポイントなので、健康問題を別にすれば、そうします。

来年末までには国際的に展開するようで、日本が含まれるかはわかりませんが、こう書いているものの、日本でも現地でも、マクドナルドにはほとんど行かないので、在住にでもならない限りはアプリを入れるつもりはありませんが。

ワクチン接種が必須に

カリフォルニア・ステート・ユニバーシティとユニバーシティ・オブ・カリフォルニアは、対面授業や活動参加に COVID ワクチンの完全接種(2回のものは2回という意味と思われます)を全員に必須とすると発表した模様。CSU と UC と省略表記される両大学ですので、UCLA や UCSD なども含まれるということでしょう。CSU は 23 キャンパス、UC は 10 キャンパスあるそうです。

ワクチン接種の自由を確保するためにワクチン・パスポートのようなアプリの導入の議論がある中、比較的公共性の高い大学がこのシステムを導入するとなると、大きな影響がありそうです。

スタンフォードも秋までにワクチン接種を求めているようです。

基本的には秋の新学期から実施となるようですが、前提としては、今は FDA が緊急承認している状態のファイザーとモデルナが正式承認となることのようです。

どうやってそれを証明するのかは見つかりませんでしたが、急激すぎる回復が大丈夫なのかと、差別が起きないかは、気にしておかないといけないと思います。

カリフォルニアが経済再開へ

カリフォルニアのニューサム知事が、経済再開に関する大きなアナウンスメントを発表!

16 歳以上の住民に対する十分なワクチン供給があることと、病床使用率が低く安定していることが条件とはなっているものの、達成されるなら、6 月 15 日から経済を完全再開する、と。早い、回復具合が早すぎて怖い・・・。

ですが、このあともマスク推奨、2日以上のわたるイベントは禁止、また 5,000 人以上の集会も禁止は続くようですから、いくらなんでも気を抜きすぎるといけませんね。

日本でもワクチンがちゃんと流通して、しかしながらゆっくりと着実に、回復していって欲しいです。

ジャック・マーフィー・スタジアム

NFL サンディエゴ・チャージャースや、今話題の MLB パドレスの本拠地だった、サンディエゴのミッションバレー地区にあるジャック・マーフィー・スタジアム、のちの Qualcomm Stadium がついに解体。老朽化から、チャージャースが地区一帯を開発しようとしたものの、市と合意にいたらず。SDSU のキャンパス+スタジアムになるようです。

元チャージャースの FB ロレンゾ・ニールの話が良かったので、メモしておきます。ニールは 4x Pro Bowler であり、RB ラダニアン・トムリンソン(LT)と TE アントニオ・ゲイツと一緒に、2000年代の All-Decade Team に選ばれている、フルバック、つまりランを手助けする選手です。

もとは英語なので、ちょっと怪しいですけど・・・

L-T、L-T のチャントが聞こえると、そこは place of pain になる。一番の思い出は、2006 年シーズン、LT が 1,815 ヤードを走り、28 タッチダウンで MVP になったシーズン。2006 年 12 月 17 日のカンザスシティ・チーフス戦。LT がシーズンタッチダウン数記録を塗り替えようとしていたとき。

「すごいことになるぞ」と思った。プレーがコールされ、自分のスタンスから飛び出したがつまずいてしまい、まわりがスローモーションのように見えた。LT は dime をカットし、10 セントのお釣りを置き去りにし(← ちょっと訳しきれません)、3 人のディフェンダーをかわしてタッチダウン! オフェンスラインマンが LT に気付かせると、LT は自分を指さして「信じられん!」(親密な関係における「そんなバカな!」の意味;I got you)と言った。

Fry’s Electronics 全店閉店

また大手電機ショップがなくなるようです。

かつてお気に入りだった Computer City は、もう 1998 年に CompUSA に吸収されてなくなりました。その CompUSA も、もうありません。好んでは行かなかった Circuit City や BestBuy はまだあるようですが、Fry’s は閉店となるようです。

今はウェブサイトにも商品はなく、メッセージがあるのみとなっています。

After nearly 36 years in business as the one-stop-shop and online resource for high-tech professionals across nine states and 31 stores, Fry’s Electronics, Inc. (“Fry’s” or “Company”), has made the difficult decision to shut down its operations and close its business permanently as a result of changes in the retail industry and the challenges posed by the Covid-19 pandemic.

まあ確かに、電機専門店に行かなくても、ネットのほか、Walmart で足りる、ということもありますけど、特に目的もなく見て回る、ができなくなるのは残念です。