このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。
Hi, Developers,
straightapps.com logo
投稿 July 20, 2019
トップページ > Windows トップ > ウイルスセキュリティ1年版のライセンス更新
line
Windows 開発
line

ここでは、ウイルスセキュリティ(1年版)のライセンス更新について、書いています。

Windows 10 Home で、ソースネクストのウイルスセキュリティ1年版を利用しています。 ソースネクストのマイページを利用してソフトや物品の購入、くじ引きなどでマイレージを貯めると、マイレージでウイルスセキュリティ1年版を更新できたりして、経済的にも助かります。 ウイルスセキュリティ ZERO なら、期限なく利用できます。

ウイルスセキュリティのシリアル番号問題を解決する」で書いていますが、 有効期限切れよりだいぶ前から、「シリアル番号に問題があります」という通知が出続けていました。 この問題自体は再インストールにより解決されたようですが、期限が近づくと再び表示されていました。

今回、あえて有効期限まで待って、どのような状態になるかを確かめ、その上でライセンスの更新を行いました。

なお、本サイトの ご利用に際しては、必ずプライバシーポリシー(免責事項等)をご参照ください。

有効期限が切れるとどうなるか?

投稿 July 20, 2019

有効期限が少なくなると、タスクトレイにあるウイルスセキュリティのアイコンが黄色に変わりました。 それをダブルクリックしてホーム画面を開くと、手前に有効期限の残り日数が表示されました。

有効期限はあと1日

試しに「今すぐ更新」ボタンを押してみると、 「ZERO ウイルスセキュリティ へのアップグレード」と題されたウェブサイトがブラウザで開かれました。 ここからアップグレードも可能なようですが、今は更新せずにおきたいので、ブラウザを閉じると、警告メッセージもなくなっていました。

翌日になり、ホーム画面を開くと、メッセージはあと0日になっていました。まだ機能しているようです。

有効期限はあと0日

さらに翌日になると、ついに「守られていません」の表示がでてしまいました。

守られていません画面

次のような表示も出ました。これは OS ( Windows 10 Home ) が出しているのでしょう。

ウイルス対策保護の有効期限が切れました画面

ここでは「更新」または「アンインストール」しか選べません。 アンインストールはしたくないので、「更新」ボタンをクリックすると、 ユーザーアカウント制御の問い合わせが表示されました。 それはそれで、今更新したくはないので、「×」ボタンをクリックして、閉じました。

デスクトップに戻ったので、タスクトレイを見ると、ウイルスセキュリティのアイコンに×マークが付いていました。 ポップアップされるメッセージには、なんだか違和感がありますが。

タスクトレイアイコンに×マーク

▲ページ先頭へ

ライセンスを更新する

投稿 July 20, 2019

タスクトレイにある、×がついたウイルスセキュリティのアイコンをダブルクリックして開くと、 なぜかOS拡張を指示するメッセージが表示されました。

OS拡張を指示するメッセージ

今までも Win10 で利用できていましたので(特に警告も出ていないし、アップデート完了通知も出ていた)気にしないこととして、 「確認」ボタンをクリックしてみると、「今すぐ更新」ボタンと同じ、 「ZERO ウイルスセキュリティ へのアップグレード」と題されたウェブサイトがブラウザで開かれました。

ブラウザを閉じるとホーム画面になりましたので、いったん閉じて、再度タスクトレイのアイコンをダブルクリックし、上のメッセージを表示させ、 今度は「後で確認」ボタンをクリックすると、この表示は閉じられますが、別のメッセージが出ました。

ライセンス切れメッセージ

左側、いつもは緑地に「安全」と書かれている部分が黄色に変わっています。 このメッセージの「今すぐ更新」ボタンを押してみると、 「ZERO ウイルスセキュリティ へのアップグレード」と題されたウェブサイトがブラウザで開かれました。すぐ閉じました。

ではいよいよ「エントリーする」ボタンを押してみます。

再エントリー画面

表示を確認し、「次へ」ボタンを押します。

再エントリー画面2

現在の登録情報が、自動的に正しく表示されていました。 ここに記入した情報でエントリーを行おうとしている画面ですので、シリアル番号を更新しなくてはいけません

この画面はそのままにしておいて、ブラウザでソースネクストのマイページを開き、1,980 マイルを利用して、「製品に交換」のリストから 「ウイルスセキュリティ 1年版 ダウンロード版」を選んで交換し、新しいシリアル番号を取得しました。

戻って、シリアル番号を新しいものに書き換えたあと、「送信」ボタンを押すと、 データ送信画面のあと、無事にエントリー完了画面になりました。

エントリー完了画面

ウイルスセキュリティのホーム画面をいったん閉じ、再度開いてみると、緑地に「安全」と書かれた表示を確認できました。 もちろんタスクトレイのアイコンは青になっており、警告もなく、エントリー情報を確認しても、新しいシリアル番号が表示されていました。

それから数日、特に問題なく動作しているようですので、これで解決できたと言えそうです。

有効期限切れ前に再エントリーを済ますと、期限切れ後から1年のライセンスになるのか、その日から1年になるのか、気になります。 ソフトウェア業界では事前の手続き推奨で、期限切れ後から1年のライセンスになるのが普通だと思いますが、 先日手続した、アメリカに渡航する際に必要となる ESTA の場合は、残日数に関係なくその日から、とされていました。 ESTA の件について詳しくは、こちらの記事に書いています。

▲ページ先頭へ
line
関連トピックス
line

ウイルスセキュリティのシリアル番号問題を解決する

有効期限が近くないのにウイルスセキュリティが「シリアル番号に問題があります」の通知を出し続けていました。 この状態を解決するためにとった手順について、書いています。

line
その他のおすすめ
line

おすすめ記事はありません。



© 2017-2019 StraightApps.com 無断転載を禁じます。No reproduction without permission.