このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。
Hi, Developers,
straightapps.com ロゴ
作成 March 5, 2020、ちょっと追記 April 2, 2020
トップページ > Android 操作トップ > NHK プラスに登録する
line
Android 操作
line

ここでは、NHK が試験を開始したネット同時放送 NHK プラスについて、書いています。

2020 年 3 月中は「試行的な実施」とされているものの、 「【常時同時配信・見逃し番組配信】NHKプラス はじまりました」と発表があり、 Android の Google Play ストアでも見つけることができるようになりました。

2020 年 4 月 2 日追記
2020 年 4 月 1 日、本格的に運用が始まりました。 試験放送では配信されなかった、いろいろな番組が配信されるようになったのかと思いきや、 「現在放送中の番組は配信しておりません」はまだあります。 配信時間が延長されているようですが、それ以外は何が変わったのかはわかりません。
また、「まとめ」の選び方(ハッシュタグが付いていて、横にスクロールして選べるもの)が、 改善なく非常に使いにくいのが嫌です。 画面サイズに小さいスマホや年配の方には操作できないのではないかと思えるほど、使いにくいです。 一覧形式にならないものでしょうか?(本当はどこかにある??)

NHK の契約は必要ですが、 パソコンやスマホでNHK総合テレビとEテレの番組を見られ、 見逃し配信もあるということです。

ガラケーではワンセグ放送を受信できる端末がたくさんありましたが、 スマホではほとんどありませんので、不便に感じていました。 これで、緊急時に NHK のニュースが見られるようになるのでしょうか?

ちなみに、これを機に民放のサービスである「ティーバー」もインストールしましたが、まだあまり観てません。

▼ セクション一覧

Play ストアからインストールして試す
利用申し込みをする
メールのリンク先で情報を入力する
スマホでログインする
確認コード・メールが到着? - March 6, 2020
確認コードを入力する - March 10, 2020

なお、本サイトの ご利用に際しては、必ずプライバシーポリシー(免責事項等)をご参照ください。

Play ストアからインストールして試す

投稿 March 5, 2020

Play ストアを開いて「NHK プラス」で検索すると、すぐに見つかります。 NHK は、いろいろなサービスを、それぞれ別のアプリで提供しているんですね。 すでに NHK ラジオ「らじる らじる」も入れていましたが、ほぼ利用していません・・・。

アプリを起動すると、「30 秒程度遅れて再生されている」と注意書きが出ます。 そうですね、どの同時放送も、そういうものだと思います。 また、IP アドレスからの判断により、日本国外では利用できないようです。

すぐに、総合テレビの放送が始まります。 今は同時放送の時間が限られているようですから、時間によっては映りません。 実測では 40 秒程度遅れていますが、状況によって違うのかどうかは、わかりません。

スマホを縦長にしておくと上部に小さくテレビ画面が出ますが、横長にすると大きく表示されます。 登録していない状態では、画面右下に常にメッセージが表示されています。

アプリ画面

スマホ画面に下に表示されている 「メッセージを消してサービスをご利用になるにはこちら」のメッセージの 「ログイン・利用案内」をタップしてみます。

ログイン・登録の案内

すぐと、NHK+ のログイン画面となりますが、 なんとこれは NHK オンラインの ID とは別のようです。 入力しても通らない、というより、パスワードが英文字だけなためか、ログインボタンすら押せません。

NHK+ ログイン画面

というか、NHK オンラインのページには、ログインできるようなボタンもリンクもがありません。 調べてみると、 NHK ネットクラブとして提供されていた 受信料照会サービス、口座振替お知らせメールが 2019 年 11 月 30 日で終了しているとのことです。 ということは、そのとき設定した ID やパスワードは無効になった、ということでしょうか。

下にスクロールすると、「NHK+」と書かれたグループに「利用登録の手続き」というリンクがありますので、タップしてみます。

ちなみに、登録しなくても メッセージありの放送は見られる ( 期限が来て見られなくなるかどうかはわかりません。 ) ようですので最低限のサービスは提供されていますが、 見逃し配信や、テーマごとの特集ページは見られないようになっていました。

テーマ別ページは見られない

▲ページ先頭へ

利用申し込みをする

投稿 March 5, 2020

ログイン・利用案内」をタップすると、NHK+ のログイン画面になります。 登録していないので何も入力せずに下にスクロールすると、 「NHK+」と書かれたグループに「利用登録の手続き」というリンクがありますので、タップします。

NHK+ 利用登録の手続き画面

登録には受信契約の確認が必要で、1契約につき1登録、同時5画面までとされています。 不正利用防止のためとはいえ、5画面はちょっと少ないような気がします。 NHK の受信料を払っていない人が、 NHK+ アプリをダウンロードして、ログイン ID を(例えば NHK 受信契約者から不正に)得てまで見るでしょうか。

「NHK プラス ID 利用申し込みはこちら」ボタンをタップします。

NHK+ 解説画面1 NHK+ 解説画面2

手順としては、メールアドレスを入力するとそこにメールが届き、 約 10 分程度もかかる受信契約情報等の入力を完了すると、 見逃し配信などが視聴可能になるようです。 そして1〜3週間もかかる確認コードが書かれたハガキを受領して入力すると完了、とのことです。

登録完了までのステップ

画面を下にスクロールして、「規約同意画面へ進む」ボタンをタップします。

規約同意画面へ進む

利用規約を開いてざっと読み、その画面を 画面内の閉じるボタンで ( 画面のコピーはないのですが、少しわかりにくかったような。 ) 閉じて、チェックを入れられるようになった「確認して同意」にチェックを入れます。

規約同意画面へ進む

メールアドレス入力へ」ボタンをタップします。

メールアドレスの入力へ

今はアプリ内で操作していますが、メールアドレスは PC で受信できるものにします。 なんでもいいと思いますが、私は主に PC ユーザーなので、細かい情報はキーボードで入力したからです。

メールアドレスの入力

メールが届いて手続きを完了するまでの猶予は 24 時間だそうです。 視聴者側にはずいぶんと制限をかけてきますね。 メールアドレスを入力し、下にスクロールして「確認画面へ」ボタンをタップします。 画面は「メールアドレスの確認と送信」に進みますので、 入力したメールアドレスに間違いがないかを確認し、 「登録手続き用のメールを送信する」ボタンをタップします。

メールアドレス送信完了

登録手続き用のメールが送信されると、「メールアドレス送信完了」画面になります。 NHK なのに、タイトルの日本語がおかしい気がします。

▲ページ先頭へ

メールのリンク先で情報を入力する

投稿 March 5, 2020

PC のメールアドレスを入力したので、PC でメールを確認します。

【NHKプラス】ご利用手続きメール」というタイトルで、すぐに届きました。 リンクをクリックすると、登録情報等の入力画面になりましたので、入力します。

登録情報等の入力

NHK プラス ID は、任意の文字列です。 文字列を入力し、 フォーカスを移す ( 入力欄以外の場所をクリックまたはタップ ) と、枠内右側に「使用できます」のように表示されます。 すでに登録された文字列は利用できませんので、わかりやすい ID が欲しい場合は、早めの登録がおすすめです。

パスワード

パスワードは、英数記号ですが、 英大文字、英小文字、数字、記号のうち、3種類以上の組み合わせが必要とされています。 長さにも制限がありますので、気を付ける必要があります。

秘密の質問

秘密の質問も設定しなくてはなりません。 選択肢が少なすぎて、選びにくいです。

なんとか入力し、「受信契約情報の入力へ進む」ボタンをクリックします。

放送受信契約情報の入力」画面で、情報を入力します。

まずは、放送受信契約者の氏名です。 漢字で入力し、姓と名の間に全角スペースを入れろ、とされています。 そもそも NHK の契約に対して1つの ID をつけておけばこんなことしなくて済むと思いますが。 フリガナも同じように入力します。

次は放送受信契約のご住所です。 郵便番号を、ハイフンなしで入力すると、決まるところまで自動で入力されますので、これは楽です。

電話番号(任意)とお客様番号(任意)

電話番号お客様番号は任意です。 お客様番号は、入力するほうが手続きが早いと書かれています。 たまたますぐわかるので入力しますが、自動払い込みなどを設定していると、すぐにはわからない気がします。

完了したら、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

登録情報等の確認」画面で内容を確認し、「利用申し込み」ボタンをクリックします。 スマホでアプリを開きっぱなしでしたので、念のため、先に閉じておきました。

利用申し込みを受け付けしました

ブラウザでも見られるんですね。 しかし、画面右下のメッセージは消えていません。 環境が同じでも、自動でログインされるような仕組みはないと言えます。

すぐに「【NHKプラス】利用申し込み受け付けのお知らせ」というタイトルのメールが届きました。 自分でログインすれば問題ありません。

「同時5画面」が、5ログインまでなのか、 同時再生5画面 ( ブラウザやスマホでいくつログインしていても再生数が5つまで? ) なのかわかりませんので、ブラウザではログインしないで、スマホアプリに戻ります。

▲ページ先頭へ

スマホでログインする

投稿 March 5, 2020

ログインしていない状態では、「新型コロナウイルス」などは見られませんので、 この画面内、またはスマホ画面下部にある「ログイン・利用案内」をタップします。

ログインする必要があります

登録した ID とパスワードを入力してログインすると、 利用開始画面になりましたので、「利用を開始する」をタップします。

利用を開始する

これで、メッセージもなく、また、まとめページも見られるようになりました。

登録から約1日経過していますが、ログイン状態は保持されています。 が、権利関係からということで、番組によっては同時放送はありません。 主にニュースの閲覧、ということになるのかもしれませんが、私は「NHK NEWS 防災」アプリも入れているので、使わないかも知れません。

当サイト技術情報サイトなので、不正操作について最後に検討しておきます。

仮に受信契約がないのに、うその住所で登録を試みるとどうなるのでしょうか?

とりあえずは NHK プラス ID とパスワードが生成されますので、ログインでき、視聴できるようになるでしょう。 契約情報が確認できないので、1〜3週間とされているハガキは発送されない、までは間違いないでしょう。

いったんアプリを終了し、再起動してもログイン状態は保持されていますので、 不正に取得された NHK プラス ID でログインしているものが、解除されるんでしょうね。 でなければ、定期的に再ログインを求められ、通らなくなる、でしょうか?

しかし、お客様番号が入力されたなら、一瞬で契約情報を判断できそうなものですけどね。 確認ハガキを出す必要もないように思えますが、悪意を持って適当に入力したお客様番号が、 たまたま他人のものと一致していると・・・入力必須の住所と一致するとは思えませんので、 やっぱりそこで済むような気がします。

不正な住所で ID を取得できる抜け道ができている上、 NHK 側の契約情報確認の手間もかかりますし、それには視聴料が使われますから、無駄遣いのような。 お客様番号が入力されなかった場合のみ、今の流れで十分ではないのでしょうか。 これだと不正防止や節約にはあまりならない、とも言えそうです。 丁寧なユーザーが、少し気分が良い程度かもしれません。

それにしても、秘密の質問って、いったいいつ使うんでしょう? この登録が、のちのち NHK の別サービスでも使えるようになるなら、まだ理解できますけど、どこにも触れられていません。

全般に、不満が多くなってしまいました・・・。

▲ページ先頭へ

確認コード・メールが到着?

投稿 March 6, 2020

登録完了した翌日、差出人が「NHK プラス」の、 タイトルが「【NHKプラス】確認コード入力のお願い」のメールが到着しました。

さすがに、明記されてはいなかったものの、オンラインで契約の確認を行い、 確認コードをメールで送って郵便料金を節約しますよね、と思いました。

が、内容は、ハガキを出しますから1週間以内に到着予定です、と。 確認コードの入力用 URL から入力してくれ、というものでした。 しかも、入力期限はこのメールが出た日より 20 日以内で、 ご丁寧にも、入力しない場合は再びメッセージが出るし、見逃し配信は見られなくなりますよ、 と注意書きまで書かれています。

「ハガキをお送りします」なので、今日、明日には届かない、ということなのでしょうね。

届いたら、速やかに下記に追加予定です。

▲ページ先頭へ

確認コードを入力する

投稿 March 10, 2020

1〜3週間で届くとされてる確認コードが記載されたハガキは、お客様番号を入力したからか、 昨日、すなわち申し込みから5日で到着しました。

ハガキを開くと、確認コードと入力アドレスを示す QR コード、そして URL が文字で書かれています。 入力期限は約2週間と書かれています。 発行日は明記されていませんが、宛名面の左下にある数字8桁が、西暦年月日と思われます。

メールで確認コード入力用 URL へのリンクが到着していますが、このあとログインが必要なので、 ハガキに書かれている QR コードから、スマホで操作してみます。

QR コードをスキャンしてブラウザで開くと、NHK+ のログイン画面になりました。 アプリでログインしていても、ブラウザで開いたのでログインが必要なんですね。

ログイン ID とパスワードを入力すると、なぜかもう1回、パスワード入力画面になりました。 パスワードを間違えたのかと思い、別の文字列を入力するとエラーになりました。 最初と同じパスワードを入れると、確認コード入力画面に進みました。

確認コードは英小文字と数字の組み合わせで、すぐ下に間違わないように、 アルファベット部の読みが書かれています。 スマホだと入力が面倒です。 その上、0(ゼロ)が含まれています。 読みに「0」と書かれていて、「オー」と書かれていないので数字と分かりますが、微妙です。

確認コード送信」ボタンをタップすると、 「手続きが完了しました」の画面となりました。

手続きが完了しました

複数ログイン状態で何か制限がかかるといけませんので、画面の内容を読んだあと、 画面右上の「ログアウト」をタップして、ログアウトしておきます。
※ しなくていいか、しないほうがいいかも知れません。下記参照。

メッセージが消えない場合は再ログイン

仮登録の状態でメッセージは消え、見逃し配信もできるようになっていたので、この文言、 「メッセージがすぐに消えない場合が・・・」はおかしくないでしょうか?

NHK+ アプリを開くと、同時放送画面にメッセージが表示されています。 消えていた気がするのですが、気のせいでしょうか?

まとめニュース(見逃し配信)も、「ログインしていない」とされ、見られません。 手続きしたためログインがはずれたのか、時間がたってしまったからか。 時間がたったからだとすると、ハガキ到着まで最大3週間なので、よくありません。 手続きしたため、ログインがはずれたのでしょう。

改めて、画面下部の「ログイン・利用案内」をタップしてログインしなおすと、 なんと、先ほどみたログイン画面になりました。

アプリ内でもウェブサイトを開いて管理しているようなので、 きっと確認コード登録でログアウトしたため、アプリもログアウトされたと考えられます。 使うのはスマホ、確認コード入力は PC だった場合は、それでよく、スマホがログインされたままだったのでしょう、きっと。

ID とパスワードを入力して再ログインすると、メッセージが消え、視聴できるようになりました。

「【NHKプラス】ID登録完了のお知らせ」というタイトルのメールも届きました。

なお、良い副作用として、確認コードが書かれたハガキに、お客様番号が書かれています。 なので、自動払い込みになっているなどして番号不明になっている場合は、 NHK+ の申し込みにはお客様番号が必須ではないので、こうして確認するのもアリかもしれません。

▲ページ先頭へ
line
関連トピックス
line

NFL Game Pass 無料開放中

2020 年 7 月末まで、アメリカンフットボール NFL のサブスクリプションが無料開放されており、過去の映像などを視聴可能です。

アイコン マカフィー リブセーフを別のマシンにインストールする
新しい DELL のデスクトップPCに付属していたマカフィー リブセーフは、1ライセンスで複数台利用可能となっています。 まずは Windows 7 機に入れてみましたので、その手順を記録しています。 Android でも使えるようですので、調べる予定です。


アイコン PCからSDカードに転送した音楽データが見えない
Android 9.0 で、PC から SD カードに転送した音楽データが、Play Music アプリで見えない問題について、書いています。


Android 9 更新後のスクリーンショット取得

Android 9.0 に更新した端末で発生した、PC と接続中にスクリーンショットを撮るとファイルサイズが0となっていまい、コピーできない問題について、書いています。

Android 端末のロック設定を変更する

指紋の登録、PIN、パスワードの登録と解除について、書いています。

line
その他のおすすめ
line

Android の操作に関する記事をまとめた Android 操作トップ もご覧ください。



© 2017-2020 StraightApps.com 無断転載を禁じます。No reproduction without permission.