このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。
Hi, Developers,
straightapps.com ロゴ
作成 June 26, 2020、更新 October 26, 2020
トップページ > Android 操作トップ > スターバックスのモバイルオーダー&ペイを試す
line
Android 操作
line

ここでは、スターバックスのモバイルオーダー&ペイについて、書いています。

スターバックス・コーヒーでは、アプリで事前にオーダーして支払いを完了すれば、レジに並ばず、店で受け取りができる モバイルオーダー&ペイというサービスを展開しています。

モバイルオーダー&ペイを使うには、公式モバイルアプリで、Starbucks Rewards への登録が必要とされています。

公式サイトには、東京都内の一部店舗からスタートで、順次拡大中と書かれています。 対応している店舗検索を見ると、 2020 年 6 月 26 日時点では、東京 292 店と多いですが、静岡 2、愛知 27、大阪 34 と、東京以外にも広がっているようです。 最初に表示されるのは、地図を縮小しても東京のオフィス街中心の対応店舗のみですが、 左上の「都道府県で絞り込む」と表示される「市区郡で絞り込む」から、表示されていない対応店舗を検索できます。

実際に使ってみた、対応店舗が多いバーガーキングのモバイルオーダー(ピックアップ注文)については、 「バーガーキングのピックアップ注文を試す」に書いています。 また、マクドナルドにも同様のサービスがありますので、「マクドナルド モバイルオーダーを試す」に書いています。 並ばず商品を受け取れるのは便利なのですが、それぞれ不便な点も残っており、これからに期待です。

なお、いずれも宅配ピザのお持ち帰り予約注文のようなサービスとは異なります。 「12 時 30 分に取りに行くので予約」みたいなシステムではありませんので、ご注意ください。

▼ セクション一覧

スターバックス・リワードとは
スターバックス会員(マイ・スターバックス)に登録する
スターバックス・リワードに登録する
アプリをインストールする
モバイルオーダー&ペイを使う - October 26, 2020 追記
商品を受け取る - October 26, 2020 追記

なお、本サイトの ご利用に際しては、必ずプライバシーポリシー(免責事項等)をご参照ください。

スターバックス・リワードとは

投稿 June 26, 2020

モバイルオーダー&ペイを利用するためには、 アプリのダウンロードと、スターバックス・リワードへの登録が必要とされています。

スターバックス・リワードに参加するには、公式アプリのインストールマイ・スターバックスへの会員登録スターバックス・カードの登録という手順がいるようです。 「はじめての方はこちら」のリンク先にそう書かれているのですが、 同時に「アプリで楽しむための」という文言が入っています。 これを書いている PC からも、ログインページは見られるので、PC で登録しても問題ないのでしょうか?

アプリのインストールの前に、登録無料のマイ・スターバックスへの登録方法を見ると、 必要事項を記入し規約に同意、メールが送信されるので、そこから本登録で秘密の質問を設定する、とありますので、 スマホアプリから操作すると面倒そうです。

登録を完了すると、アプリでバーコード表示することができるようになり、 ポイント ( Star と呼ばれるポイントが貯まり、集めるといいことがあるようです。 ) が貯まるようになるようですから、いずれはスマホアプリが必要・・・とは限らないようです。 システム障害に備え、登録時のスターバックス・カードを携帯するよう、おすすめされています。

今はわかりませんが、そういえばかつて、モバイル T カード(アプリ)があるからもうカードを持ち歩く必要はないと思ったら、 レジが対応していなく、カードがないと使えないことがありました。 だったらアプリのほうが面倒じゃないでしょうか。

ここまでではまだ理解不十分ですが、スターバックス・リワードの登録と、モバイルオーダー&ペイの利用は、直接的には関係なさそうです。 登録した物理的スターバックス・カードで支払っても Star と呼ばれるポイントは貯まるし、 登録時にデジタルで発行したデジタル スターバックス・カードは、アプリ不具合があれば使えなくなる、ということでしょうか。

Web 登録済みのスターバックス カード」で税込み 54 円使うごとに、Star と呼ばれるポイントが 1 貯まると書かれています。 表現が気に入りませんが、きっと「スターバックス・リワードに登録したスターバックス・カード」という意味なのでしょう。 これだけ日本で展開していても、結局原文は英語なのでしょうか。

改めて、マイ・スターバックスとは、会員登録のことであり、スターバックス・カードを登録するための準備、ですね。 スターバックス・カードを登録すると、スターバックス・リワードに参加している状態となり、 ポイントが貯まる状態であり、スターバックス・カードが Web 登録済みの状態である、と。

しかも、始めてから 250 個までは Green Star と呼び、それ以降は Gold Star と変わると書かれています。 そして、その後 150 個 Gold Star が貯まるごとに、 Reward eTicket ( リワード・イー・チケット。税抜き 700 円までの商品1つと交換できる権利とされています。アプリでのみ使用できるようです。 ) が発行される、と。 Gold Star になって以降、1年以内に 250 個貯めると、翌年も Gold Star を貯められる・・・。 Gold Star の有効期限は、獲得から1年・・・。

なんとわかりにくいシステムでしょうか。 スターバックスファン以外にはリワードを与えたくないという印象を受けますが。 Gold Star になっても1年で 250 個をクリアしないと、Green Star ゼロ戻り、ということに思えます。

Green Star 期間は、250 個 x 54 円 = 13,500 円ですから、 「スターバックスへの忠誠を誓い、実績を証明する」修行期間と言えるでしょう。 しかも、この手の数字は魔法がかかっていますから、13,500 円購入すればクリアなわけではありません。 例えば コールドブリュー コーヒー ( 水出しアイスコーヒーです。 ) なら、トールサイズで 370 円+税になっていますので、 持ち帰りなら 50 円+税で 1 Star ですから、7 Star となり、20 円+税は切り捨てです。では、ありません
※ 登録時の規約で判明しますが、規約上は 1.85 % の Star が付与され、小数点以下第 21 位で切り捨てであり、表示上は小数点第1位までとされています。

Gree Star 期間を継続中なら Star の期限がなさそうに読めるので、いつかは到達するでしょう。

Gold Star になると、150 Star ごとに税抜き 700 円までの商品1つと交換できる Reward eTicket がもらえることになります。 単純計算では、150 個 x 54 円 = 8,100 円であり、1杯 7 Star なら 22 杯です。 最高のパフォーマンスでも 10 % 還元にはなりませんが、月2杯ですから、達成可能な数字でしょう。

忘れていましたが、かつてコーヒー豆を購入すると、100 グラムで 1 スタンプもらえるスタンプカードがありました。 スターバックス・カードでコーヒー豆などを購入しても Star が貯まるようですから、ドリンクだけより有利になりそうな気がします。

このセクションの最後に、 「Gold Star になった日から 1 年間で累計 250 集めると、次の 1 年も Gold Star を集めることができます。」 の文の意味を確認しておきます。

1年で 250 Gold Star 貯めるには、最低でも 13,500 円なので、月 1,200 円ぐらいですから、3杯程度です。 継続的に利用していれば、高いハードルではありませんね。 ただ、250 Gold Star を達成しなかった場合には、Green Star ゼロ戻り、ということに思えますので、プレッシャーはありそうです。

▲ページ先頭へ

スターバックス会員(マイ・スターバックス)に登録する

投稿 June 26, 2020

システムをある程度理解するまでに、ずいぶん時間がかかってしまいました。

では、ここから、実際にマイ・スターバックスに登録してみます。 最初の操作は PC で行いますが、アプリのトップページからも同様の操作ができるとされていますので、 きっとどちらでも同じです。

公式サイトの右側にある「Starbucks Rewards」と書かれた星のアイコンをクリックすると、 マイページへのログイン画面になります。

新規会員登録(無料)

右側にある「新規会員登録(無料)」の「My Starbucks 会員登録」ボタンをクリックして、会員登録を開始します。

あれ? 必要事項を記入し規約に同意と書かれていたはずですが、いきなりメールアドレス登録画面です。 とりあえず、必要事項はメールアドレスだけです。 このあと、「My Starbucks 会員登録のご案内」メールが届くので、30 分以内に本登録を行う流れになります。

ここに入力するメールアドレスは、スマホからも見られるものがいいでしょうけど、 モバイルオーダーで商品の準備が整ったときに届くのはアプリのプッシュ通知なので、 リアルタイムにチェックできるメールアドレスでなくてもいいでしょう。 スマホのメールが貯まるのが嫌なので、PC メールで登録してみます。

メールアドレスを入力し、「My Starbucks ご利用規約」と書かれた部分をクリックして利用規約を読みます。 特に難しいことは書かれていないように思いますが、フリーメールアドレスは保証しないようなことが書かれていましたので、 ちゃんとしたメールアドレスで登録するように気を付けます。

規約に同意する」にチェックを入れ、 「会員登録(本登録)に進む」ボタンをクリックすると、 確認メールが送信されたと表示されました。

スターバックス事務局という差出人から 「[My Starbucks] 会員登録のご案内(スターバックス コーヒー ジャパン)」というタイトルでメールが届きました。 登録用の URL が記載されていますので、クリックすると、「My Starbucks会員登録 会員情報入力」画面となりました。

各入力項目を埋めます。

パスワードは、英大文字、英小文字に加え、数字または記号が必要とされています。 数字のみで記号を使わなかった場合、あるいは記号のみで数字を使わなかった場合、 両方使うようにメッセージが出ますが、登録できなくはありません。

秘密の質問は選択式ですが、他サイトよりもかなり少ない、5オプションしかありません。 しかも、答えにはどんな文字種も使えるようなので、よほど注意しないと忘れます(というか、一致しない可能性が高まります)。 「パスワードやアカウント情報の再設定に必要」と書かれていますので、非常に重要です。

ユーザー名(ニックネーム)は 30 文字以内で指定できます。 アメリカなら、これがモバイルオーダー時のカップに書かれると想像できるので、ユニークなほうがよく思えます。 この会員登録がアメリカで有効かどうかはわかりませんが。 いや、全角文字が利用できるので、きっとダメですけど。

性別は、選ばなくても構いません。 選んでもいいんですけど、あえて選ばないのが世界の流れでしょうか。

生年月日も入力必須ではありませんが、 「後から変更できません」とか「本人確認項目としてお伺いすることがあります」なんて書かれていますから、登録しておきます。

都道府県も、入力必須ではありませんが、プロモーションとかがあるかもしれないので、登録しておきます。

メール配信は、いつでも停止できるでしょうから、チェックが入ったまま進めます。

よく利用するスターバックス店舗の登録が3店舗まで可能です。 あとで修正できるでしょうけど、とりあえず1店舗登録してみます。 と思いましたが、Edge(ブラウザ)で正しく検索が動作していないようで、登録(検索)できません。

店舗登録なしで、「入力内容確認へ進む」ボタンをクリックします。 次のページで入力内容を確認したら、「登録する」ボタンをクリックして、完了です。

すぐに登録完了メールが届きます。 Starbucks Rewards の案内や、モバイルオーダー&ペイの案内が記載されています。

画面からはマイページに行けますので、とりあえずブックマークしておきます。

▲ページ先頭へ

スターバックス・リワードに登録する

投稿 June 26, 2020

まだ、PC からいけそうです。

マイページには、いろいろな項目が表示されていますが、まだスターバックス・カードを登録していないので、 この時点では便利でもなんでもありません。

「My Starbucks Card(カード管理)」と書かれたところで新規カードを登録できるようです。 左側で目を引く Starbucks Rewards にある「新規カード登録」からも、同じページにリンクしています。 リンクを開く前にリンク先がわかるのが、PC で操作する良いところです。

Starbucks Rewards

リンクを開くと、「カード情報入力」画面になります。

事前の説明では、デジタル スターバックス・カードを作成できるように書かれていましたが、 この画面では作成できません。 私はすでに店舗でカードを入手済みなので、このカードを登録します。

カードネームは、複数枚のスターバックス・カードを登録したときに識別するための名前です。 適当で問題ありませんが、わかりやすくしておくと、そのうち不便がないかもしれません。

カード番号は、カード裏面に書かれている 4 桁× 4 ブロック、計 16 桁の数字です。 スペースなどは不要で、半角数字で入力するようです。

PIN 番号は、カードに付与された番号であり、新規のカードでは見えないように銀の削るものが付いています。 これを削ると数字 4 桁が書かれていますので、半角で入力します。

続けて、本人確認情報です。

お名前(漢字・フリガナ)は必須となっています。 何に使われるのかわかりませんが、仕方がないので入力します。 不要な情報、というか、必要でない情報は収集しないで欲しいものです。

性別生年月日には、 マイ・スターバックス会員登録時の情報が表示されています。 生年月日はあとから変更できないはずですが、なぜだか選択できそうです。 なお、星マークは、会員情報として保存されるものだそうです。

電話番号は、必須項目ではありません。 本人確認項目としてお伺いいたしますと書かれているものの、「本人確認を要するお問い合わせ」が何かは、ここではわかりません。

同じく、ご住所も、本人確認項目ですが、必須ではありません。 私は、今は入力しません。

スターバックス カード管理サービス利用規約」のリンクから、規約を確認できます。 新しいタブでページが開かれます。

カードは最大 30 枚まで登録でき、残高照会と、過去 2 年以内の最新 10 件の利用履歴を確認できると書かれています。 また、マイ・スターバックスからオンライン入金ができるようになるようです。 アプリでの支払いに使えるカードは、1枚に制限されています。 登録カードでドリップコーヒーを購入し、当日中にレシートを店舗に持っていくと、 同サイズのドリップコーヒーを税抜 150 円で購入できるサービスを受けられるようです。

もし将来、250 Gold Star が貯まった場合は、能動的に Reward eTicket に交換する必要がり、 Reward eTicket は交換してから 30 日以内という期限がある、とされています。

さらに、ここまできて失効条件。Green Star であっても、スターバックス・カードを登録した日から 1年以内に 250 個にならない場合は、失効と書かれています。 厳しいですね。初回利用日からでもありません。 なので、登録だけしておこう、と思っている場合は、今は登録しないほうがいいのかもしれません。

私はスタバ・ヘビーユーザーでないどころか、ときどきしか利用しないスーパー・ライトユーザーですので、Rewards は無理そうですけど、 モバイルオーダー&ペイを使うには、仕方ありません。

読んだらタブを閉じ、「規約に同意する」にチェックを入れて、「確認画面へ」ボタンをクリックします。 が、どうやら時間をかけすぎたようで、最初からやり直しになってしまいました。

再び入力し、カード情報等を確認したら、「登録する」ボタンで登録できますが、その前に確認です。

生年月日、電話番号、住所が未入力の場合、本人確認を要する下記お問い合わせに対応できません」とあり、 その内容は「残高保証サービス」と「ログイン関連(パスワードお忘れ時など)」と書かれています。 生年月日のみ登録しましたが、1つだけでいいのか、全部そろわないといけないのか、わかりません。 潔くなく個人情報を集めたいような気配もありますが、このまま登録します。

カード登録 完了」画面になりましたので、これで Starbucks Rewards まで、登録完了したと言えるでしょう。

Starbucks Rewards

マイページに戻ると、保有している Star が表示されています。

Starbucks Rewards

管理画面へ」のリンクをクリックすれば、Star の有効期限も見つかります。

マイページの My Starbucks Card にある「残高照会」からは、 残高・利用履歴のほか、カードのイメージもあり、「オンライン入金」と書かれたリンクからチャージ画面に進んだり、 紛失などによる利用停止の申請ができたりします。

▲ページ先頭へ

アプリをインストールする

投稿 June 26, 2020

モバイルオーダー&ペイを利用するには、アプリをインストールしなくてはいけません。

操作は Android スマホに移り、Google Play で starbucks で検索すると、 ロゴの付いた公式アプリは1つしかないようですから、間違えないようにインストールします。 33.83 MB と、Google 推奨サイズからすれば、大きめです。

アプリを開くと、まずは説明です。

スターバックス・カードを登録すれば、支払いができます。 Starbucks Rewards に参加すれば、いいことがあります。 モバイルオーダー&ペイで、レジに並ばなくて済みます。 メッセージカードを添えてビバレッジを贈れる Starbucks eGift を使えます。

ということですが、eGift については、まだ知りません。 そのうちに、ということで。

次は、モバイルアプリの利用規約です。 特に一般的なものと変わったところはないように思えますので、「同意する」ボタンをタップして、進みます。

こんにちは」と書かれた画面になりましたが、これがアプリのトップ画面に思えます。 スクロールするといろいろ書かれていますが、画面右下には、スクロールしても動かないログインと、 新規会員登録ボタンがあります。

私はすでに会員登録済みですので、ログインします。 会員登録がまだであれば、「新規会員登録」ボタンから、ここまでのセクションと同じような登録作業ができると思います。

ログイン」ボタンをタップし、 登録メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンをタップすると、 「こんにちは」のページに戻り、 まず最初に Star の情報が出て、右下のログインだった部分に、登録カードの残高が表示されています。

こんにちは

画面下端には、マクドナルドやバーガーキングのアプリと同じように、アイコンが並んでいます。

画面下端に並ぶアイコン

目当てのモバイルオーダー&ペイのアイコンも、大きく画面に表示されています。

こんにちは

画面下端の Pay アイコンをタップすると、説明の後、登録されたスターバックス・カードと残高が表示されます。 「支払い」をタップするとバーコードが表示されますので、お店で提示すれば支払いができる、ということです。

その右の Stores アイコンでは、端末の位置情報へのアクセスが求められ、許可すると、近隣の店舗が、 地図上に、非常に見にくい深緑の丸で示されます。 丸をタップすると、詳細情報がポップアップされます。

さらにその右の Order アイコンでは、モバイルオーダー&ペイのページになります。 大きなバナーをタップするのと同じ画面です。

一番右の eGift は、プレゼント用ですが、今は見ません。

クーポンなどは、ありません。

位置情報を許可したため、トップページには最寄りの店舗が自動的に表示されています。 位置情報へのアクセスは、アプリの権限の管理により不許可にすることができますので、 通信料の節約にもなるかもしれませんので、不許可にしておきます。

ホーム画面で、スタバ公式アプリのアイコンを長押しし、ポップアップされた「アプリ情報」をタップします。 Android のバージョンや、メーカー UI の場合はこうならないかもしれませんが、 その場合は、設定アプリからアプリ情報を表示させることができます。 「権限」をタップすると、要求されている権限がわかります。 「カメラ」「ストレージ」「位置情報」の3つになっています。 今は位置情報だけオンになっていますので、オフにすれば、アクセス権がなくなります。 アプリを再度起動すると、表示されているのは近隣の店舗ではなくなっています。 Stores のアイコンで、再び権限の問い合わせが出るようになります。

モバイルオーダーするときに、近隣の店舗から選択するオプションがありますので、必要に応じてオンにすると良さそうです。

▲ページ先頭へ

モバイルオーダー&ペイを使う

投稿 October 26, 2020

実際に試してみた様子を記録しています。

注文すると決めたら、安全なところでアプリを開き、注文を開始します。

MOBILE ORDER & PAY

注文画面になりますので、上から順に指定していきます。

Mobile Order & Pay 注文画面

お店を選択してください」をタップすると、店舗選択になります。 GPS を許可していると、今いる場所のまわりの店舗がアイコンで表示されるので、 タップして詳細を確認し、「選択する」ボタンで選択できます。 これは、店舗の指定を行うだけですので、これから行く先が決まっている場合は、 自宅であらかじめ選択しておいても大丈夫です。

店舗を選択すると、持ち帰りか店内飲食かを選択できます。 注釈にありますが、店内飲食を選択すると消費税が 10% になりますが、 もし席が確保できずに持ち帰りに変更しても、消費税は返金されません。 もちろんキャンセルもできませんので、それなりに覚悟が必要です。 こちらも、あらかじめ自宅で選択しておくことが可能です。

商品を選択してください」をタップして、注文する商品を選択します。 きっと選択した店舗にないものは表示されていないのでしょう。 フードも一部選択できますが、 結構その場になかったりするイメージがあるので、心配です。

ドリンクは、カスタマイズできる限りのカスタマイズ指定が可能です。 事前に画面でゆっくり迷えるので便利という以上に、 どういうカスタマイズができ、それが無料なのか、いくらなのかを知ることができるので、 本当のスターバックスを知ることができるように思えます。 商品選択後、上から順にホットまたはアイスを選択、 サイズを選択します。 一番小さいショートから、一番大きいベンティまで、4サイズ揃っています。 そして「CUSTOMIZE」の欄にある「変更」ボタンで、 カスタマイズ画面を表示させ、詳細に指定ができます。 好みの設定が決まるまでは、上から順に見ていくことになりそうです。 手提げ袋が欲しい場合にも、ここで指定可能です。

商品選択に戻り、数量を指定したら、「決定する」ボタンをタップで決定です。

Mobile Order & Pay 注文画面

さらに別の商品も注文したい場合は、「商品を追加する」ボタンから進めます。 いったん決めた商品をやめたい場合は、商品名の左の「−」アイコンをタップすると、 「商品を削除します」の確認メッセージのあと、削除することができます。

上のスクリーンショットにはありませんが、 一番下に「ニックネーム」欄があります。 マイ スターバックスで登録したユーザー名(ニックネーム)になっていますので、 もしこれが未登録であれば、他の人と重複しないような文字列を登録しておくべきでしょう。

利用規約に同意の上、決済する」ボタンを押すと、注文確定です。 家でうっかり押してしまうと、そこから用意が始まってしまいますから、 間違えて押さないよう、適切なタイミングで押すように、気を付けましょう。

注文完了画面が表示されたら、店舗に向かいます。

注文を承りました

その下に受け取り方法が書かれていました。

注文を承りました

用意ができたら受け取りカウンターに商品が置かれるので、ニックネームが書かれていることを確認して、受け取れば OK です。 「内容を確認し、閉じる」ボタンを押しました。

▲ページ先頭へ

商品を受け取る

投稿 October 26, 2020

受け取りまで 5 〜 10 分と表示されるのが最短のようです。 初めてで心配なので、すぐに向かったら早すぎました。 レジはすいていましたが、受け取りカウンターでは何人か待っていましたから、モバイルで良かったのでしょう。

しばらく待っていましたが、商品はでてきませんでした。

スマホを見ると、数分前に 「用意ができたのでカウンターで声をかけてください」という通知が来ていました。 ちょっと持ち歩きたかったので、袋をもらうようにしていたので、そうなったのかも知れません。

声をかけると、ニックネーム画面を見せるよう言われました。 アプリのトップ画面、モバイルオーダーを開始した部分に、 ニックネームや注文店舗、注文日時が表示されていましたので、それを見せると受け取れました。

ただ1点、これは・・・。

ドリンクのカスタマイズを行っていたので、商品名やサイズのほか、 「シロップ増量」だの「氷すくなめ」だの「チョコレートソース追加」だの、 その内容を確認されましたが、それは記憶&確認不能です! 合っていると思います!

モバイルオーダーしたすぐあとにはメールなどは届きませんでしたが、 翌日「[Thank you!]はじめて Star が集まりました」 というタイトルでメールが届きました。

TO GO の場合、次回以降も便利に使えそうです。

▲ページ先頭へ
line
関連トピックス
line

バーガーキングのピックアップ注文を試す

バーガーキングの公式アプリから、レジに並ばずに注文を出してクレジットカードで決済できる、ピックアップ注文を試し、その様子について書いています。

マクドナルド モバイルオーダーを試す

マクドナルドのガラケークーポンサイト終了のため、クーポン情報を得るためにアプリをインストールしています。また、モバイルオーダーについても、書いています。

line
その他のおすすめ
line

Android の操作に関する記事をまとめた Android 操作トップ もご覧ください。



© 2017-2020 StraightApps.com 無断転載を禁じます。No reproduction without permission.